Web Analytics Made Easy - StatCounter

MEのHigeブログ

4児の父目線で通信・ガシェット情報を発信中

ahamo(アハモ)までのつなぎは【楽天】Rakuten WiFi Pocket で1980円で無制限

f:id:me-hige:20201213170435p:plain

この記事はこのような人にオススメ

ドコモユーザーで通信費をとにかく安くしたい方

ドコモから月額2980円で20GBのデータ容量というプラン、ahamo(アハモ)が発表されて、スマホ料金の値下げが今後さらに過熱していくことが予想されます。

あわせてお読みください

www.me-hige.com

私たちユーザー側からすると嬉しい限りですね

 2021年3月のahamo(アハモ)提供開始までの間、私を含めドコモユーザーはギガホ・ギガライトプランを使い、今まで通りの通信費を払うしかないのでしょうか?

 

私は気づいてしまいました。

 

ドコモのギガプラン上限オプションを設定して、楽天のRakuten UN-LIMIT VでRakuten WiFi Pocketだれでも0円お試しキャンペーンを使うと、月額料金1980円でドコモの通話品質を残した状態で、無制限のデータ通信ができるのです。

\ノーリスクで Rakuten UN-LIMIT VI /

Rakuten UN-LIMIT VIを見る

Rakuten Wifi Pocketがタダ

 

【ドコモ】ギガプラン上限設定オプションで料金の上限を1980円にできる

f:id:me-hige:20201213184255p:plain

出典:NTTdocomo

ドコモのスマホプラン、ギガライトを利用してデータ通信量がが1GBまでは月額料金が1980円で利用できます。

ただしこの金額は、「dカードお支払割」と「みんなドコモ割」を3回線以上適応した場合の料金。

ケータイの料金プランってホントに複雑。

そりゃ総務省も文句言いますわ・・・

ドコモのギガライトプランは通信量によってステップ1からステップ4の4段階で料金が上がっていきます。

このステップの刻みが、不思議なことにちょうど月末で次のステップに移行して、月が変わるところに設定されているような印象ですね。

普段私の場合1GBで収まることはなく、3GBで収まるかどうかで、ステップ2かステップ3かの瀬戸際で、油断すると次のステップに移行してしまう。

次のステップへの移行を自動ではなくて、通信量制限をかけてでも次のステップに行かないようにしてくれたらうれしいのに・・・

なんて思っていたら、

最近のドコモさんは痒い所に手が届く人みたいなので、

「ギガプラン上限設定オプション」を出してくれました。

www.nttdocomo.co.jp

ギガプラン上限設定オプション
  • ステップ1(1GB)でデータ量の上限を設定することができる
  • 上限設定をすることで1GBを超える通信が発生した際に、自動で速度制限が発生する。
  • 速度制限時の通信速度は、送受信最大128kbpsなので、かなり遅めになる。

メリットデメリットをまとめるとこんな感じ

メリット
  • とにかく安くドコモのプランが使える
  • 安い値段でドコモのサービスを継続して使う事ができる
    キャリアメールやおサイフケータイアプリiD
    Amazonプライム1年無料
  • うっかり通信費が高くなるのを防げる
あわせてお読みください

www.me-hige.com

デメリット
  • 油断するとすぐ1GBの上限に達してしまう
  • 速度制限時の通信速度が遅すぎる
  • 通話が多い場合は別途、5分通話無料オプション定額料やかけ放題オプションに加入する必要がある

若干デメリットが多い感じが・・・

デメリットはahamoがすべて解決してくれるわけですが・・・

ahamoの提供開始は2021年3月。

それまでどうしよう・・・

これらはすべてRakuten WiFi Pocketを併用することで解決します。

\ノーリスクで Rakuten UN-LIMIT VI /

Rakuten UN-LIMIT VIを見る

Rakuten Wifi Pocketがタダ

 【楽天】Rakuten WiFi Pocketだれでも0円お試しキャンペーンで1年間無料でデータ通信を使える

f:id:me-hige:20201213183743p:plain

出典:Rakuten Mobile

 楽天のRakuten UN-LIMIT Vは契約者300万人突破するまで、1年間無料で契約できます。

ahamo開始までの間、Rakuten  UN-LIMIT Vに乗り換えるか?

乗り換えられるのなら、もうすでに携帯電話番号ポータビリティー(MNP=Mobile Number Portability) を使って、ドコモからRakuten  UN-LIMIT Vに乗り換えています。

ドコモからRakuten  UN-LIMIT Vへの乗り換えの障壁

f:id:me-hige:20201213215947j:plain

  • 保留違約金の存在
  • ドコモ端末が楽天パートナーエリアでは電波が入らない

ドコモの現行のスマホプランである、ギガライト2・ギガホ2、5Gギガライト・5Gギガホの解約金は1000円です。

しかし旧ギガライト・ギガホから切り替えた人は、保留違約金の期間がある場合があります。

私がまさにそれで、9500円を支払ってRakuten  UN-LIMIT Vに乗り換えるのもなんだかな・・・と思って、ずっとドコモにとどまっていました。

f:id:me-hige:20201213220427j:plain

もう一つの乗り換え障壁、

Rakuten UN-LIMIT Vは、ドコモで購入したスマホ端末はほとんどが、対象外となっています。

f:id:me-hige:20201213224256p:plain

 Rakuten UN-LIMIT Vは楽天独自の電波が届かない所は、パートナー回線のauの電波を借りています。

そのため、auからの乗り換えは割とスムーズですが、やはり、ドコモ・ソフトバンクからの乗り換えが進まない状況です。

ドコモのスマホを使っている私の場合、手持ちのスマホが、パートナー回線のauの電波を拾えないのです。

私は実は、Rakuten UN-LIMIT Vが無料の間は、サブ端末のスマホにRakuten UN-LIMIT Vのsimを入れて、テザリングでメイン端末の通信をしようと思っていました。

これが、ドコモ端末だとできない。

 

そんな時折素敵なキャンペーンが始まりました。

Rakuten WiFi Pocketが実質0円

f:id:me-hige:20201213220313j:plain

Rakuten WiFi Pocketがなんと実質0円というキャンペーンが2020年12月8日(火)から始まりました。

これはもう乗っかるしかない!

実質0円というと、いったん支払いをして、後日ポイントで還元されるというものがほとんどですが、

これは私が申し込んだ内容です。

f:id:me-hige:20201213202304p:plain

 

 f:id:me-hige:20201213202408p:plain

 Rakuten WiFi Pocketは9,073円ですが、割引が9,072円となっています

そして

アンケートに答えると1ポイントが還元されます。

正直この1ポイントはもはやどうでもいいんですけどね・・・

Rakuten WiFi Pocketを使うメリット
  • はっきり言って無料で購入できる
  • Rakuten UN-LIMIT Vの1年間無料が利用できる
  • 手数料はすべて無料
  • 解約時も無料
  • au回線対応のスマホを持っていない人でも、Rakuten UN-LIMIT Vを利用できる
  • パソコンのネット接続にも利用できる。
  • セキュリティに不安があるフリーWiFiを使う必要がなくなる。
  • 楽天回線なら無制限で利用できる。
  • 楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)でポイントが1倍増える
Rakuten WiFi Pocketを使うデメリット
  • au回線対応のスマホを持っている人にはメリットは少ない
  • Wifi端末を持ち歩く必要がある
  • 5Gには非対応

 ほぼメリットしかないという事実

\ノーリスクで Rakuten UN-LIMIT VI /

Rakuten UN-LIMIT VIを見る

Rakuten Wifi Pocketがタダ
Rakuten UN-LIMIT Vを使うなら今

ドコモがahamaプラン(2980円)を出して、日本通信SIMが合理的20GBプラン(1980円)を出して、携帯料金は値下げ合戦の始まりが予測されます。

3月のahamo運用開始に向けて、携帯各社色々な対策を立ててくると思います。

そんな中、今からRakuten UN-LIMIT Vの無料1年を始めれば、スマホ料金激動のタイミングを自分は無料という、高みの見物をすることができます。

これってマジですごいことだと思いませんか?

今Rakuten UN-LIMIT Vを契約すれば、1年後にはスマホ料金は落ち着いていると思います。

その時に、自分にあったプランを再検討する。

なんかズルいくらい賢いやりかたですよね。

日本通信SIMの合理的20GBプランという選択肢

f:id:me-hige:20201213211505p:plain

出典:日本通信SIM

ドコモのahamo(アハモ)と同じくらいインパクトが大きかったのが、この 日本通信SIMの合理的20GBプランです。

  • 月額1980円
  • 月間16GBの高速データ通信(ドコモがahamoを開始したら20GBに!)
  • 月間70分の国内通話

このプラン。

むちゃくちゃ魅力的です。

ドコモのahamo(アハモ)と比べても、そん色ない・・・というか、価格面ではahamo(アハモ)を超えてきています。

 

ただ私には一つ問題が・・・

 

ドコモの保留違約金の存在です。

仮に私が今日本通信SIMの合理的20GBプランに乗り換えた場合、

ドコモの違約金9500円+日本通信SIMの事務手数料3000円が必要になります。

 

ちょっと考えますね・・・

まとめ|ドコモユーザーならahamo(アハモ)までのつなぎははRakuten WiFi Pocket

ドコモユーザーにとって、ahamoプランは待ち遠しいプランです。

ahamoプランはネット申込しかできないので、人を選ぶところはありますが、

ものすごくお得になるプランでRakuten WiFi Pocket す。

ただ、ケータイ料金が各社値引き合戦が始まり、まさにケータイ戦国時代に突入したといえます。

ahamoはMNOの中でとても魅力的ですよね。

しかし、半年後・1年後はどうなているかは分かりません。

そんな状態だからこそ、今はRakuten WiFi Pocket でRakuten UN-LIMIT Vの無料期間を活用して、行く末を見守るのが、私の作戦です。

\ノーリスクで Rakuten UN-LIMIT V I/

Rakuten UN-LIMIT Vを見る

Rakuten Wifi Pocketがタダ