MEのHigeさんのためになる話

4児のパパ臨床工学技士が綴るお役立ち情報、初心者向けMicrosoftAccessについて

国営木曽三川公園 かさだ広場へ行くならいつ行く?何持ってく?

f:id:me-hige:20200321144832p:plain

どんな所?

東海北陸道の川島ハイウェイオアシスからすぐの場所に位置する、国営木曽三川公園のひとつです。11.5ha(東京ドーム2個分くらいの大きさ)の芝生広場を中心とした公園です。

東海北陸道川島ハイウエイオアシスからは一般道へ出入りできないので、ここを訪れるのは基本、地元民です。

天気の良い日は、ファミリーや、カップル、ポケモンGoを楽しむおじさんでにぎわっています。

  • 入場料:無料
  • 開園時間:だいたい9:30~17:00 (季節によって異なります)
  • 休園日:第2月曜日
  • 駐車場:無料
  • 設備:トイレ(多目的トイレあり)
  • 自動販売機:あり

f:id:me-hige:20200321153247p:plain

駐車場は入り口を入ると左右にあります。168台の駐車スペースがあります。

混雑具合

ファミリーにとても人気のスポットで、休日の午後になると駐車場に車をとめられないくらい混雑することもあります。ゴールデンウイークは13時くらいになると、ほぼ駐車できません。

午前中から出かけることをおススメします。

あると便利な持ち物

  • 折りたたみテント
  •  レジャーシート
  • 折りたたみテーブル
  • クーラーバッグ
  • 赤ちゃんがいる家庭は必要物品

これくらいです

かさだ広場にはトイレもあるし、トイレ横には自動販売機もあります。

準備した飲み物が底をついた時も安心です。

f:id:me-hige:20200321175253p:plain

 

 オススメ折りたたみテント

f:id:me-hige:20200321180439p:plain

折りたたみテントには、ねじって折りたたむホップアップタイプと、私が使用しいる傘をたたむ様に収納するワンタッチタイプと2種類があります。

私がオススメするのは、傘をたたむ様に収納するワンタッチタイプです。

以前、ねじって折りたたむタイプのホップアップテントを使っていたことがあるのですが、このタイプ、なかなか上手くたためないのです。

慣れないとテントの片づけに5~10分かかっていました。

ワンタッチタイプは設営も片付けも10秒くらいあればできてしまいます。

 


QUICKCAMP(クイックキャンプ) コンパクトサンシェード QC-CS200 設営動画

 

 2~3人用となっていますが、我が家6人家族(大人2人子供4人)で利用しいます

ちょっとした日よけ・風よけと休憩スペースには十分です。

 

テントの中に敷くレジャーシートは180×180cmのものがジャストフィットサイズです。

 ここに折りたたみテーブルを置けば快適空間の出来上がりです。

オススメの遊具

f:id:me-hige:20200321184459p:plain

かさだ広場のシンボル的な遊具である、ネットタワーです。

ハンモックのようなネットを組み合わせて作られたタワーで高さは9.3mあります。

ネットなので下が丸見えということもあり最上階まで登ると結構高さを感じます。

 タワー全体がトランポリンのような感覚で、ふわふわしています、我が家の子供たちにも大人気で、何やら中毒性がある遊具です。(笑)

 

ターザンロープもあります。

f:id:me-hige:20200321185928p:plain

この手の遊具は大人も十分楽しめます。

でも、子供のための遊具です。

 

あと、えらい傾斜の緩やかなローラー滑り台と、テントー虫?の遊具

f:id:me-hige:20200321190327p:plain

 

そのほかにも、直径3mくらいの傾いた円盤をくるくる回してその上に乗って遊ぶというちょっと危険そうな遊具もあります。

f:id:me-hige:20200321190813p:plain

 

 そして、東京ドーム2個分くらいの広さの芝生広場。岐阜には土地がいっぱいあります。

フリスビーをしたり、バドミントンをしたりして楽しめます。

f:id:me-hige:20200321210503p:plain

 

まとめ

 国営木曽三川公園 かさだ広場はファミリーやカップル、ポケモンGo、ドラクエウオークにうってつけの場所です。

 近くには、138タワーパークや河川環境楽園もあります。どちらかと言うと、これらのおまけのような広場ですが、ネットタワーは子供たちに大人気。

ワンタッチテントとクーラーバッグ、レジャーシート、折りたたみテーブルをもってピクニック気分で出かけてみてはいかがでしょうか。

 

この記事はお題「もう一度行きたい場所」について書きました