MEのHigeさんのためになる話

4児のパパ臨床工学技士が綴るお役立ち情報、初心者向けMicrosoftAccessについて

「とんがり帽子のアトリエ」を読んでブロガーやアフィリエイターは魔法使いみたいだという発想に至った

f:id:me-hige:20200723234139p:plain

映画にしても小説にしても漫画にしても、私は子供の頃からずっとファンタジーが大好きでした。

サスペンスやスポーツものは、あまり好んで見ない子でした。

現実に近しい世界で人が殺されたりするのが何かとてもストレスだったようです。

今でもその趣向は変わっていなくて、大人になった今も映画・小説・漫画で見ようと思うのはいつもファンタジー要素が強い作品です。

「とんがり帽子のアトリエ」という作品

この作品の世界観が、ブログやアフィリエイトが生み出すエンターテイメント性やお金の流れに通じるところがあるなって感じたので、お話していきます。

「とんがり帽子のアトリエ」という作品

作者:白浜鴎(しらはまかもめ)

この作品は、2016年7月から月刊「モーニング・ツー」(講談社)で連載されている漫画で今も連載されています。SNSを中心に話題となり、「全国書店員が選んだおすすめコミック2018」で、一般部門第1位に輝いています。

魔法がテーマのファンタジー作品です。

簡単にですが「とんがり帽子のアトリエ」の魅力をお話します

絵がキレイ

まず目を引くのは、細部にまで丁寧に書き込まれた絵です。服装や建物を見る限り中世のヨーロッパのような世界が舞台です。

ファンタジーの王道の世界観ですね。

魔法の設定が緻密

魔法っていうと、ドラクエだと「メラ」とか「ベギラマ」。ファイナルファンタジーだと「ファイア」とか「フレア」のように、唱えることで発動する設定が一般的です。

「とんがり帽子のアトリエ」では魔法は魔法陣を描くことで効果をあらわします。

魔法はかけるのではなく描く

そんな表現が作中で用いられています。

魔法の仕組みは秘密

この作品の中のとても面白い設定は魔法という物は生まれ持った才能をもった魔法使いしか使えないと、一般の人たちは信じています。

しかし、実際は特別なインクで決められた魔法陣を描けば誰でも魔法は使えてしまう。

飛んだり、燃えたり、凍ったり。

それだと危ないから、一部の魔法使いしか魔法の仕組みは知らない。

ブログやアフィリエイトサイトで収益が発生する仕組み

なぜ急にマンガの話から、ブログの話になるの?

 まあ、そんなこと言わずに、もう少しお付き合いください。

私もほんの半年前まではそうだったのですが、

世の中の大半の人たちは、パソコンやスマホを使って調べものする時に、Webサイトに読者が訪れてそこからお金が発生する仕組みを知りません。

ニュースサイトや個人のブログを見ると広告が載っているのでそこから広告収益が発生しているのんだろうなぁ・・・程度の理解です。

ブログやアフェリエイトサイトで収益が発生する仕組みは大きく分けて2種類です。

収益発生の仕組み
  • クリック報酬型広告の収益 
  • 成果報酬型広告の収益

 クリック報酬型の広告はGoogleアドセンスが代表的でアドセンス広告とも呼ばれます。広告がクリックされることで収益が発生。1クリック当たりの単価は30~40円です。Googleアドセンスをブログに掲載するには審査に合格する必要がありますが。クリックされるだけで売り上げが発生するため、収益は出やすいと言えます。

しかし、1クリック当たりの単価が低いのでクリック報酬型の広告収益では高額の売り上げは期待できません。

成果報酬型広告はASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)を仲介して、商品やサービスをブログやアフィリエイトサイトで紹介して、貼られたリンクを経由して商品が売れると、収益が入ります。

Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトを使うとAmazonや楽天で売っている商品を紹介して、紹介リンクを経由して何か商品が売れた場合に収益が発生することができます。

 

トップブロガーやトップアフィリエイターになると月に数百万以上稼ぎ出すらしい。

このレベルの人になると、相当な作業量とマーケティングスキル、セールスライティング能力が必要なんだろう・・・

f:id:me-hige:20200723234845j:plain

NPO法人アフィリエイトマーケティング協会が行ったアフィリエイトを行っている人たち実施したアンケート結果によると、アフェリエイトで毎月100万円以上稼いでいる人は6.5%という結果でした。

毎月の収益が1000円未満の人が約50%でした。

ものすごい稼いでいる人がいる一方ほとんど稼げていない人が半数程度いるのがアフィリエイトの世界です。

affiliate-marketing.jp

 ブログやアフィリエイトって、やり方が分からないとまず行動に移すことが出来ませんが、仕組みさえわかればだれでも簡単に始めることが出来ます。

 

誰でも簡単始められるのに稼いでいる人が少ないのは?

理由はいくつかあります

  • まずブログで稼げるという事を知らない
  • 収益を出す仕組みができていない
  • 継続することが難しい

仕組みを知って、継続することでかなりの再現性で収益を出すことが出来るのがブログやアフィリエイトです。

 

このブログ「MEのHigeさんのためになる話」も直近3か月くらいでようやく3,000円~10,000円の間の収益を出すことが出来るようになりました。

f:id:me-hige:20200723232634p:plain

Googleアドセンスの収益もありますが、おまけ程度の額です。

書きたいことを、書きまくる雑記ブログとして成長?した当ブログでも半年を過ぎたあたりから、収益が出てきました。(ブログの可能性スゴイ!)

ブロガーやアフィリエイターが魔法使い

f:id:me-hige:20200723235350j:plain

なぜ魔法をテーマとした漫画とブログ・アフィリエイトを引き合いに出したのかという事についていお話していきます。

「とんがり帽子のアトリエ」の魔法は一般人は魔法がどのように発動するのかを知りません。特殊なインクで魔法陣を描けば誰でも魔法を発動させられる。しかし、魔法陣には様々な法則があり、知識がない一般人には魔法を発動させることは到底できません。

まず第一に情報があるという事。

次にその情報を扱う知識と技術が必要。

これって、ブログで稼ぐ仕組みに似ているなぁって・・・

ほとんどの人は、商品紹介記事のリンクを踏むと記事の執筆者に「チャリーン」て収益が入るなんて考えていないんですよね。

アドセンスやアフィリエイトリンクを貼る場合はプライバシーポリシーにその旨を記載するので、一応明記してますが・・・

アフィリエイト記事は、まっとうなビジネスです。商品やサービスについて読者に情報提供して、納得したらアフィリエイトリンクから商品を購入してもらう。

  • 読者は自分が知りたい情報を手に入れ
  • 広告主は、購入者を販売サイトへ導入できる。
  • ブロガー・アフィリエイターは広告収益を得ることが出来る。

みんながWin-Winなんですよね。考えた人スゴイな。

 

 ブログを始めると、ネットの中で物や商品の売れる仕組みがとてもよく分かります。

ネットショッピングを利用する側の立場だとおそらく一生気づくことはないでしょう。

ブログを始めると、普通の人から魔法使いへとなるのです。

魔法使いになると、魔法がお金を生み出してくれる・・・?

そんなうまい話はありません。

ブログという魔法を覚えて魔法使いとなっても、それだけでは収益を得ることができないのです。

魔法みたいだけど、再現性のあるルールに基づいて収益が生まれます。

 

大魔法使いとも言えるトップブロガーの人たちが発信しているブログで稼ぐための必要なものは

  • SEOを意識して記事を書く
  • 収益につながるサイト設計をする
  • 一つの事に特化したブログを作る
  • 継続する

大体このくらいしょうか

私のブログで達成できているのは、「継続する」ってことだけですけどね・・・

まとめ

 「とんがり帽子のアトリエ」を読んで、この作品の世界観がブログやアフィリエトの仕組みと重なるところがあるなぁと思いこの記事をまとめました。

このブログは、がっつり稼ごうというブログではなく、私MEのHigeが発信したい事。例えば、一般企業に就職→退職し、臨床工学技士という資格を取って今働いているという事。MicroSoftAccessを勉強して役に立った経験から、初心者向け講座を発信するところからブログを始めました。

気がつけば、ガジェット紹介や時事ニュースに関する記事を書くようになり、いよいよまとまりが無くなってきました。

このブログの運営方法は多分稼ぐことに向いていないと思います。

でも、自分が書いた記事を多くの人に読んでもらえる。人に読んでもらうための文章を書く喜びがブログにはあります。

ただただ楽しくてブログを書く。

また、ほかのブロガーさんの記事を読んで、自分の知らない世界について知ることができる喜び。

 

魔法にかかっているのは私の方かもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

この記事は今週のお題「2020年上半期」について書きました