MEのHigeさんのためになる話

4児のパパ臨床工学技士が綴るお役立ち情報、初心者向けMicrosoftAccessについて

臨床工学技士(ビジネスマンの方も)のためのAccess講座 第14回 コードが割り振られたボタンごとコピペする

f:id:me-hige:20200209125610p:plain

MEのHigeです

今回はボタンで動く日付テキストボックスを、コードごと他のフォームにコピペします  

参考記事

www.me-hige.com

参考記事

www.me-hige.com

第 13回の続きです
この回だけの内容を試してみたい方は、ダウンロードボタンからファイルを保存して、試してみてください。

f:id:me-hige:20200202163021g:plain

 伝票入力フォームを作る

f:id:me-hige:20200202163542p:plain

ツールバーの作成フォームデザインから新規フォームをつくります
フォーム名は伝票入力フォームにします
フォームのプロパティシートを開きユーザーがフォームを開いたときに見栄えが良くします

 

プロパティシート

  • 自動中央寄せ:はい
  • レコードセレクタ:いいえ
  • 移動ボタン:いいえ
  • スクロールバー:なし
  • コントロールボックス:いいえ

 ボタンで動く日付テキストボックスをコピペするため、伝票日付フォームをデザインビューで開きます

f:id:me-hige:20200209115623p:plain

 

日付テキストボックス1式をコピーします

f:id:me-hige:20200209120111p:plain

 

f:id:me-hige:20200209120252p:plain

 

伝票日付をアクティブにして、コードの表示をクリックします

f:id:me-hige:20200209120457p:plain

 

伝票日付フォームのVBAが表示されます

プラス月、プラス日、プラス年、マイナス月、マイナス日、マイナス年の6つのボタンに割り振らられたコードを

 

PriVate Sub ~~~~Clice() 

End Sub

ごとコピーします

f:id:me-hige:20200209120835p:plain

 

伝票入力フォームをアクティブにしてコードの表示をクリックします

f:id:me-hige:20200209121500p:plain

 

VBEがコードが空の状態で開きます

f:id:me-hige:20200209121728p:plain

 

コピーしたコードを貼り付けます

f:id:me-hige:20200209121932p:plain

各プロシージャに書き込まれている

Forms!伝票日付!日付伝票サブ!.Requery

を削除しておきます(これが残っているとエラーが出ます)

f:id:me-hige:20200209122909p:plain

 

フォームビューに切り替えて動作確認をします

コピペしただけでもちゃんとボタンが動作しています

f:id:me-hige:20200209123016p:plain

 

ボタンで操作できる日付テキストボックスをコピペすることができました。

今回はここまでとします。