Web Analytics Made Easy - StatCounter

MEのHigeブログ

4児の父目線で通信・ガシェット情報を発信中

【臨時休校】家でのルール作り 共働き家庭の実情とスマートコンセント、タブレット教材の活用方法

突然の臨時休校

こんなこと生まれて初めて。

親としてどうしたらいいのか、悩みます。

子供たちには1か月という長い時間を得たと考え、子供たちの自主性を伸ばすいい機会だと思い、我が家は、探り探り親2人、子4人で取り組んでいます。

安倍総理の会見

遠くの国中国で起きてると思っていた、新型コロナウイルスの話が急に、私たちの生活に直撃することになった、うるう月最後の週末、2020年2月27日の安倍総理の会見。 

 

 

28日は今後どうなるのかよくわからないまま、我が家の子供たちは学校へ行きました。

長男は、学校に道具箱等いつも通り置いて帰宅。次女は学校においてあった荷物をすべて持って帰って来ました。

学年・クラスによっても、対応はまちまちのようです。

学校によっては、臨時休校前に先生が急遽宿題を準備して、28日に配布された学校もあるようですが、うちの学校は、まったく宿題なし。

そのまま週末をむかえ、週が明けましたが、学校は臨時休校。今のところ4月の始業式までは休みの予定。

我が家には、中学生が1人、小学生が2人、保育園児が1人います。小中学校は臨時休校になりました。

我が家は利用していませんが、学童保育は利用可能となっています。

保育園は、保育継続。ただし遊戯室に集まるような行事はすべて中止。お雛祭りも、各保育室でそれぞれのクラスで行う事になりました。園児の送迎も、保育室には保護者は入らないという徹底ぶり。

ほんと、2月27日を境に生活が急変してしまいました。

親の本音

我が家は夫婦共働きのため、保育園は保育継続してくれたのは助かります。いくら上にお姉ちゃん、お兄ちゃんがいても、保育園の子を家において仕事には行けません。

もし仮に、保育園が休園になったら20~30代の働き手の相当数を失い、日本の経済は成り立たたなくなってしまうでしょう。

大手企業では、在宅にてテレワークを推進されているところもあります。実際、職場の病院でお世話になっている薬品メーカーに連絡をとる機会があり、電話をかけたところ

「在宅勤務中です。外出できないです!」って

私自身在宅勤務と関係ない仕事をしているので、なんか新鮮でした。

ホントにテレワークしてる・・・

子供の本音

 このツイートを見た時、涙が出そうになりました。

やっぱり、学校に行って皆と遊んだり勉強したりしたいよね?

と我が家の小中学生3人に聞いていると

 

ひゃっほーい!臨時休校最高!!宿題も出ていないし、明日からなにして遊ぼう?

f:id:me-hige:20200305234501j:plain

 

もう涙が出ます・・・(泣)

f:id:me-hige:20200305234759j:plain

よくよく考えたらそうですよね。

私が子供だったら臨時休校、むちゃくちゃ嬉しいですもん。

単純に学校が休みを喜んでいる我が家の子供たち・・・

共働き家庭の実情

正直子供たちが学校に行かずに1か月以上日中ずっとうちにいるのは、心配です。

  • 食事の準備の心配
  • 火のものとの心配
  • 怪我をしないか?
  • 誰か変な人が家に来ないか?
  • 考え出したらきりがないくらい

でも、夫婦ともに仕事を休むわけにはいかないので、小中学生は留守番をさせて出勤します。

休校中担任の先生が家庭訪問に回るそうで、その日時に合わせて、仕事を都合つけなければなりません。

留守の間に先生が来られても、うちの子供たちには、

「親がいない時は居留守を使え」と教えてあるのですが

先生が来た時に留守だとおかしいし・・・

 

でも、今本当に大変なのは学校の先生なんですよね。

2月27日に臨時休校がきまり、翌日28日が最後の登校日。準備なんて整うはずがありません。

うちの小学校も中学校も休みの間の、宿題も準備出来ていません。

 

お願い宿題出して!(親の希望)

宿題出さないで!(子供の希望)

 

家庭内で子供と親で本音が交差します。

留守中ちゃんとやっているか心配

保育園に通園できている、一番下の子はいいとして、

 

小中学生3人は、昼食の心配。

これは、夏休みや、冬休みに、子供たちで協力して、準備して食べる。

これはクリアーしています。

腹が減れば飯は工夫する。

しっかりしています。

片づけもしてくれたら、もっと褒めてあげるのに・・・

 

勉強は・・・

宿題も出ていないのでほおっておくとヤバいことになります。

ほおっておくと、テレビ見放題、ゲームやり放題、YouTube見放題になってしまいます。

危機的状況です。

休校中のルールを家庭で作る

スケジュールを立てる

我が家では、休校中、子供たちが自宅でどう過ごすか?

一日のスケジュールと、毎日の目標を各自書かせました。

f:id:me-hige:20200305215401p:plain

 ぼかしてありますが、原本はこんな感じ

f:id:me-hige:20200305215602p:plain

多くを求めるとやる気がなくなってしまうので、一日のタイムスケジュールと、毎日継続して続けることを、子供たちが自分で考えて書きました。

毎日続けることは、特にこれを書けとは指定しませんでしたが、3人とも空気を読んで、お勉強とお手伝いは入れていました。

あとは、毎日絵を描く、映画を見て内容をまとめる、ランニングをする、チャレンジタッチをする等、子供それぞれ自分で考えて計画と目標を立てました。

カレンダーの部分は、目標通りできたかどうか「〇 △ ×」で自己評価します。

私個人としては、自分のやりたい事をまとまった時間で思いっきり取り組んでほしいなと考えています。

普段学校に行っている時間はテレビ、YouTubeは禁止

休校でなければ学校で授業を受けている時間、9時00分~14時30分の間はテレビ・YouTube禁止にしています。

 

そうです。お察しの通り禁止にしても共働きで家に親がいなければ、子供は99.999%の確率で約束を破ります。

 

我が家では、テレビのコンセントプラグにスマートコンセントつけて9時00分~14時30分は元電源を止めています。

人間どれだけ人から言われても、楽なほうへ流されてしまう生き物です。これは大人も同じです。私にも思い当たる節があります。

リモコンの電源ボタンを押せばテレビが見られる状況だと、やはり我慢できませんし、テレビをつけたところを注意しても、今だけ見る。後で勉強する。

・・・となり、親としてはストレスが溜まります。

子供と相談してみる時間を決めて、あとはシステム化することで、子供も受け入れることができます。

 

このスマートコンセント電気屋さんで買うと結構値段がしますが、ネットで購入すると結構お値打ちに買えます。

私が買って実際に使っているものと同じタイプはこちらです。

このスマートコンセントを抜いて直接壁のコンセントに刺してしまえば、テレビを見れてしまうのですが、今のところ我が家の子供たちはその事実に気が付いていません。

時間の問題かもしれませんが・・・

 

YouTube・・・

大人も子供を好きですよね?

気を付けないと、大人も何時間でも視つづけてしまいます。

IOSやandroidスマホともに、端末が利用できる時間帯、アプリごとの使用時間制限ができます。またwindows10 にも同様の機能があります。これらを活用して、デジタル機器に触れる時間を、コントロールすることが可能です。

 

デジタル機器が悪いわけではないのですが、テレビを見る、YouTubeを見るという活動は、受け身の活動になりがちです。

今回の休校期間のような、まとまった時間は、受け身の活動で時間を消費するのではなく、創造する活動をしてほしいと思っています。

  • 例えば
  • 絵を描く
  • 映画や漫画を見たまとめを書く
  • 運動をする

 

学習には進研ゼミのタブレット端末学習がおすすめ

数あるタブレット教材の中で、我が家では、チャレンジタッチを

中学講座、小学講座で利用しています。

おすすめする点
  • 学習がチャレンジタッチの解説により自己完結できる
  • 学習内容がアニメーションと音声により、記憶に定着しやすい
  • 学習した内容はメールで保護者に送信されるため、学習状況が把握できる
  • テキストがないためスペースを取らない
  • 教え方が進研ゼミの膨大な経験が生かされている
 よくない点
  • 漢字や英単語を覚えるのは、紙に繰り返し書くほうが相性が良い
  • 学習実績を確認するWebサイトが兄弟がいる家庭を想定して作られていない。例えば、上の子の実績を確認した後、下の子を実績を確認する場合は、一度ログアウトしてログインしなおさなければならいない
  • ミニゲームが面白くて、チャレンジタッチでゲームやりがち

紙のテキストの学習スタイルだけを選ぶことももちろんできますし、タブレット学習+紙のテキストと言うように選ぶこともできるので、お子さんの相性によってスタイルを選ぶこともできます。

我が家は3人利用していて、3人ともタブレット学習スタイルを利用しています。

詳しくはWebサイトを確認するとよくわかります

 

まとめ

 新型コロナウイルスで、今の状況は世界的に危機的な状況と言っても良いでしょう。子供たちの行動も制限されてしまう状況がまだ続きます。学校での学習が受けることができない状況が1か月も続く異常事態です。

企業の働き方も在宅テレワークが注目されています。

今や、学校に行かずにネットビジネスで成功する中学生や高校生もいます。そういう新しいフィールドで戦う力という物は今の学校では絶対に教えてもらえません。

それは自分で創造するという力です。

この1か月を学校で過ごすのとは違った価値観、創造する力を育む期間として、活用出来たら最高ですね。