Web Analytics Made Easy - StatCounter

MEのHigeブログ

4児の父目線で通信・ガジェット情報を発信中

povo2.0の#ギガ活でもらえるギガの価値について考えてみた

f:id:me-hige:20211205221828p:plain

povo2.0はauのオンライン専用ブランドで、povo1.0から進化した通信プランです。

povo1.0や他の通信事業者のプランと大きく異なる点は、

・基本料金0円

・データ通信や通話かけ放題をトッピングとして追加する

・#ギガ活によってギガをチャージすることができる

このあたりが特徴です。

特に#ギガ活がすごいんですよ。「ちょっといいこと」どころの騒ぎではありません。月々のスマホ代を0円にすることも可能です。

(実際私は#ギガ活でデータスマホ代0円です)

今回はpovo2.0の#ギガ活によってもらえるギガの価値について考えてみました。

結論から言うと、

ローソンやすき家で500円以上の買い物でもらえるギガ、300MBの価値は40.5円~99円です。

#ギガ活でもらえるギガの価値は?

ギガ活でもらえるギガの価値について考えてみます。

povo2.0は#ギガ活対象店舗での支払いをauPAYで支払うと、登録したメールアドレスにプロモコードが送られてきます。

プロモコードをpovo2.0アプリに入力すると店舗によって設定されたギガをチャージすることができます。

ローソンの場合500円以上のauPAYでの支払いで300MBのギガがもらえます。

povo2.0のデータトッピングの価格から300MBあたりの価格を計算するとこうなります。

トッピングするギガによって価格が異なるので、それぞれ計算しました。

  • データ追加1GB 390円なので 117円
  • データ追加3GB 990円なので 99円
  • データ追加20GB 2,700円なので 40.5円
  • データ追加60GB 6,490円なので 32.45円
  • データ追加150GB 12,980円なので 25.96円

トッピング一覧|【公式】povo2.0

povo2.0のデータトッピングは購入するギガが多いほど1GBあたりの価格が安くなります。

スマホユーザーの月々のギガ使用量はこのくらい

MMD研究所によるとスマホユーザーの6割が1月のデータ使用量が7GB以下というデータがあります。

f:id:me-hige:20210312101904p:plain

出典:MMD研究所

このデータは2020年12月のデータなので、今はもう少しデータ量は増えていると思います。

ahamoやLINEMOが20GB上限のプランであることを考えると、

多くの人が1月のデータ量が3~20GBの間には収まっていると考えてよさそうです。

 

そう考えると300MBの価値は40.5円~99円と考えてよさそうですね。

#ギガ活でもらえるギガをポイントカード付与ポイントと比較すると

500円の買い物をすると40.5円~99円相当のギガがもらえるのでかなりコスパがいいです。

ポイントカードポイント付与は100円の購入で1ポイントもらえれば優秀なポイントカードです。

ちなみにローソンでポンタポイントを貯めようとすると。

・0:00~15:59  ⇒ 200円(税抜き)ごとに1ポイント
・16:00~23:59 ⇒ 200円(税抜き)ごとに2ポイント

 

一方#ギガ活は500円の買い物で40.5円~99円相当のギガ

このあたりを考えると#ギガ活、恐るべしですね。

 

今週のお題「最近あったちょっといいこと」

免責事項 | お問い合わせ
Copyright © 2020 me-hige.com