Web Analytics Made Easy - StatCounter

MEのHigeブログ

4児の父目線で通信・ガジェット情報を発信中

【DemoCreator】Windows版はショートカット活用でPC操作動画がサクサク作れる【使い方を紹介】

f:id:me-hige:20211231085854p:plain

PCの操作説明動画を作りたいんだけど何かいいソフトはない?

こんにちはMEのHigeです。

今回はPC操作説明動画をサクサク作ることができるソフトを紹介します。

WonderShareさまからDemoCreatorの製品紹介依頼をいただきました。

使ってみたらPC画面録画から動画編集への動線がとっても素敵。

DemoCreatorはパソコンの画面をそのまま録画するためのソフトです。

パソコンの画面を録画?何のために?

パソコン画面を録画できるといい事がいろいろあるよ

パソコン画面を録画する目的

🔸ゲーム実況動画の撮影

🔸パソコン操作方法説明動画の撮影

🔸オンライン会議や授業の記録として

🔸パソコンを使ってオンライン申し込み時の覚えとして録画

実はパソコンの画面を録画する用途ってけっこうあるんです。

 

\画面録画に便利/

DemoCreator公式サイト 

 

PC画面録画特化ソフトは使い勝手がいい

DemoCreatorは初めてでも簡単に使えるPC画面録画ソフトです。

画面録画から録画した動画の編集まで一連の流れで出来てしまう所がDemoCreatorのとても良いところです。

PC画面録画ソフトは数多くありますが、動画編集ソフトのおまけとして付属していることが多いのです。

DemoCreatorはPC画面録画特化ソフトなので、過不足ない機能が使えます。

DemoCreatorでPC画面録画から動画完成の流れ
STEP

DemoCreatorを起動する

STEP
PC画面とWebカメラをクリック
STEP
録画範囲を設定
(1280×720(HD)がおすすめ)
STEP
REC開始
STEP
画面録画
STEP
F10を押して録画終了
STEP
動画編集ソフトが起動するので編集を行う
STEP
エクスポートをして動画完成

こんな流れです

画面録画をして、そのまま録画した動画の編集をすることができるので、動画編集にかかる時間を短縮することができますね。

私が特に気に入っているのが、録画中に画面内に手書きの書き込みを入れる機能

描画ツールと、重要なポイントをフォーカスするスポットライト機能です。

DemoCreatorではこの描画ツールとスポットライト機能をショートカットで呼び出すことができます。

パソコン操作方法の説明動画を作成する時のDemoCreatorのおススメ設定

デスクトップPCを使っている人、特に24インチとかそれ以上のサイズのDisplayを使っている場合、録画エリアを1280×720(HD)にすると良いです。

1920×1080(Full HD)にすると、画面上の文字が小さくなりすぎます。

録画エリアを1920×1080(Full HD)で録画した時のサイズ感

f:id:me-hige:20211230204708p:plain

このサイズだと

f:id:me-hige:20211230203059p:plain「字が小さくて見えーーーーん!!」

ってなりますものね。

 

録画エリアを1280×720(HD)で設定すると

f:id:me-hige:20211230204927p:plain

だいぶ字が見やすくなりますね。

ショートカットの設定キーを確認しておく

設定→ショートカットでショートカットにどのキーが割り振られているか確認することが出来ます。

ショートカットはDemoCreatorを使いこなす上でマストスキルなので、ショートカットがどのキーが割り振られているか確認しておきましょう。

デフォルト設定では

  • 開始/停止:F10
  • 一時停止/再会:F9
  • フルスクリーン:F8
  • マーカーを追加:Ctrl+M
  • 描画ツール:Shift+Ctrl+D
  • スポットライト:Shift+Ctrl+F

この設定は自分の好みのショートカットキーに変更することができます。

私の場合はマーカーを追加の「Ctrl+M」を「Shift+Ctrl+M」に変更しています。

「Ctrl+M」はけっこう他のソフトですでにショートカットキーが割り振られているので、それと干渉してしまうのであえて変更しました。

私は基本的にデフォルト設定が好きなので、変更している個所はマーカーを追加だけです。

ここから、ショートカット機能を使って画面録画中に説明エフェクトを追加する方法を説明しますね。

描画ツールをショートカットで呼び出してみた

ショートカットを使って描画ツールを呼び出すのは簡単です。

画面録画中に設定されたショートカットキーを押せば描画ツールが起動します。

私の場合はデフォルト設定なので「Shift+Ctrl+D」

f:id:me-hige:20211230205740g:plain

描画ツールのショートカット

スポットライト機能をショートカットで呼び出してみた

ショートカットキーを使ってスポットライトを起動するには、デフォルト設定だと「Shift+Ctrl+F」でOK

スポットライト機能はパソコン操作説明動画ではホントに重宝します。

マウスで「ここです~」って示すよりも強力に目を引くことが出来ます。

f:id:me-hige:20211230210020g:plain

スポットライトのショートカット

DemoCreatorの残念な点

ショートカットキーを使うととっても便利なDemoCreatorですが残念な点があります。

  • 描画ツールで使えるのが「ペン」しかない
  • Mac版ではショートカットが使えない

せっかく便利なショートカット機能ですが、ショートカットでは描画ツールで使えるのがノーマルの「ペン」だけなのです。

私としては矢印がショートカットで使えたらいいのにと思ってやみません。

Mac版は描画ツールやスポットライトのショートカットを使う事ができません。

私はWindows派なので困ることは無いのですが、Macの方々はショートカット機能が使えない分、少しがっかりかもしれないですね。

DemoCreator有料版を購入するなら永続ライセンスがおすすめ

DemoCreatorには無料版と有料版が存在します。

無料版と有料版の違いはこんな感じ

  無料版 有料版
PC画面録画
Webカメラ録画
音声録音
描画ツール
録画可能な時間 10分 無制限

動画編集機能を見てみるともう少し無料版と有料版で差が増えますが、DemoCreatorというソフトはパソコン画面を録画するためのソフトです。

録画機能での違いは録画可能時間が無料版では10分、有料版では無制限となっている点です。

10分以内の動画しか作らない人なら無料版でも全く問題なくDemoCreatorを使う事ができます。

まとめ

DemoCreatorはパソコンの画面を録画するためのソフトです。

DemoCreatorのショートカットキー機能を使うととても便利です。

画面を録画しているので、描画ツールを選択しようとすると、そのマウスの動きが丸見えになるわけです。

ショートカットキーを使えば、パッとスポットライト機能を呼び出したり、描画ツールを呼び出したりすることができます。

ただ残念なのがこのショートカットキー機能はMac版では使えないところです。

逆に言うとWindowsユーザーでパソコン画面録画を考えているならマストバイ(買うっきゃない)ですね。

 

\画面録画に便利/

DemoCreator公式サイト 

 

 

免責事項 | お問い合わせ
Copyright © 2020 me-hige.com