MEのHigeさんのためになる話

4児のパパ臨床工学技士が綴るお役立ち情報、初心者向けMicrosoftAccessについて

第4回 臨床工学技士(ビジネスマンの方も)のためのAccess講座 入力フォームを作る


【誰でもできる!】Access講座 第4回 入力フォームをつくる 動画でも学べます

この記事の前に読みたい

www.me-hige.com

 

 

前回テーブルの作成について説明しました

テーブル上でデータ入力を行うこともできますが

それならExcelで十分だよね?ってなりますよね

 

ところが、Accessはデータ入力に関してExcelと比べ物にならないくらい便利な機能があるのです

Accessは簡単に入力用のフォームを作ることが出来るのです

 

f:id:me-hige:20191026001547p:plainf:id:me-hige:20191026001527p:plain 

 

というわけで今回は入力フォームを作っていきます

 

ツールバーの「作成」→「フォームデザイン」をクリックすると新規フォームが作成されます

f:id:me-hige:20191117115650j:plain

f:id:me-hige:20191117115749j:plain

 

「T-アイテム」テーブルをこのフォームのレコードソースに設定します

①まずフォームの左上の「■」マークをダブルクリックすると

フォームのプロパティシートが表示されます

②「データ」タブを選択し

③「レコードソース」をT-アイテムにします

プロパティシートとかレコードソースとか、早速なんか、よくわからないワードが出てきましたが大丈夫!

名称はそんなに重要じゃないです

ここの設定をこうして、こうする・・・

といったように体で覚える感じで大丈夫です!

(そりゃ名称も覚えたほうがいいけど…)

f:id:me-hige:20191117120123j:plain

 

 

つづいて、フォーム上にテキストボックスを置いていきます

やり方はいくつかあるのですが

今回はT-アイテムテーブルからフィールドを追加する方法を説明します

ツールバーの「デザイン」→「既存のフィールドの追加」をクリックします

f:id:me-hige:20191117121322j:plain

 

 T-アイテムのフィールドリストが表示されます

アイテム名~効果のフィールドを「Shift」+左クリックで選択します

f:id:me-hige:20191117121734j:plain f:id:me-hige:20191117122047j:plain

 

フォームにドロップ&ドロップします

f:id:me-hige:20191117122237j:plain

 

自動で「T-アイテム」テーブルに相当するテキストボックスをフォーム上に置いてくれていますが、アイテム名や効果はもう少しテキストボックスの大きさが欲しいので

テキストボックスの端をドラッグすることで大きさを変更することができます

既存のフィールドの追加を使ってテキストボックスを置くと、テーブルでドロップリストの設定をした分類フィールドはちゃんとフォームでもドロップリストになっています

f:id:me-hige:20191117122357j:plain

 

ここでこのフォームを保存します

左上のフロッピーディスマークをクリックし

フォーム名を

「アイテム入力フォーム」としてOKをクリックします

f:id:me-hige:20191117122922j:plain

ナビゲーションウインドウにフォーム アイテム入力フォームが追加されました

この「アイテム入力フォーム」をダブルクリックしてフォームを開きます

f:id:me-hige:20191117123052j:plain

 

アイテム入力フォームが開きます

この状態だと、いかにもAccessのフォームって感じなので

の部分を表示しないように設定します

f:id:me-hige:20191117123344j:plain

 

レイアウトビューで表示されているアイテム入力フォームをデザインビューに切り替えます

アイテム入力フォームの上で右クリック→デザインビューを選択すると

フォームがデザインビューに切り替わります

f:id:me-hige:20191117123600j:plain

フォームを閉じているときにデザインビューで開きたいときは

ナビゲーションウインドウのフォームを右クリック→デザインビューで開きます

f:id:me-hige:20191117124015j:plain

 

フォーム左上の「■」を右クリック→「プロパティ」からプロパティシートを開います

f:id:me-hige:20191117124242j:plain

 書式タブの

レコードセレクタ「はい」→「いいえ」

移動ボタン「はい」→「いいえ」

にするとの部分を表示しないように設定できます

f:id:me-hige:20191117124452j:plain f:id:me-hige:20191117124459j:plain

 

さらに

自動中央寄せ「いいえ」→「はい」

スクロールバー「水平/垂直」→「なし」

にして、よりいい感じのフォームします

f:id:me-hige:20191117124513j:plain f:id:me-hige:20191117124519j:plain

 

フォームの下側に無駄な余白があるので、フォーム下端をドラッグして表示範囲を調整します

f:id:me-hige:20191117125115j:plain f:id:me-hige:20191117125128j:plain

 

このような見た目になりました

f:id:me-hige:20191117125349j:plain

この状態だと、新規入力フォームとして使えないの再度デザインビューに切り替え

「データ」タブのデータ入力用を「いいえ」→「はい」に設定します

f:id:me-hige:20191117125433j:plain

デザインビューで開いているアイテム入力フォームを閉じて

フォームビューで開きます

f:id:me-hige:20191117125723j:plain

 

新規入力フォームとして出来上がっていますので

アイテム名:やいばのよろい

分類:体

攻撃力:0

守備力:55

効果:受けたダメージの半分を相手に跳ね返す

と入力しましす

f:id:me-hige:20191117130234j:plain

入力したらアイテム入力フォーム右上の「×」をクリックしてフォームを閉じます

T-アイテムを開くと「やいばのよろい」が追加されています

f:id:me-hige:20191117130644j:plain

 

フォームについてぼんやりと理解していただけたと思います

次回はクエリについて説明していきたいと思います