MEのHigeさんのためになる話

4児のパパ臨床工学技士が綴るお役立ち情報、初心者向けMicrosoftAccessについて

第1回 臨床工学技士(ビジネスマンの方も)のためのAccess講座 Accessってなに?


【誰でもできる!】Access講座 第1回 Accessってなに

Accessとは、マイクロソフトアクセスのこと

データベースを扱うソフトウェアです
パソコンを買ったときにMicrosoft Officeがプリインストールされているモデルを選ぶ方も多いと思います

家電量販店で売られているパソコンにプリインストールされているMicrosoft Officeはだいたい、PersonalかHome and Bisinessです

Accessが入っているのはMicrosoft Officeの上位パッケージです

 

Microsoft Officeの種類

  価格 Access
Personal ¥30,000くらい  ×
Home and Bisiness ¥40,000くらい  ×
Professional ¥60,000くらい(高!!)  
Academic ¥30,000くらい  

 

サブスクリプション版

  価格 Access
Office 365 月額1,200~1,300円くらい  〇

 

Access単品

  価格 Access
Access ¥16,000くらい  〇

 

Accessを使用するには、MicrosoftOfficeのProfessional版・Academic版またはOffice365を購入するか、Access単品を購入する必要があります。

それにしても、Professional版高すぎる・・・

Academic版なら安く買える!・・・と

飛びつきたくなりますが

学生・教職員しか購入ができません

 

Academic版は私の知る限りネット通販では購入することができず

実店舗でしか購入できません

購入するときに身分証明書の提示を求められます

 

実は大学病院職員もこのAcademic版の購入ができます

教育目的での使用を前提に職員証を呈示して、Academic版の購入ができます

 

大学病院にお勤めの方は一度検討してみてもいいかもしれません

 

サブスクリプション版はソフトの買い切りではないので、常に最新のバージョンにアップグレードされた状態で使用することができたり、1ユーザーあたりパソコン5台にインストールできたり、1TBのクラウドストレージが付属したりと

良い点がいろいろありますが

私的には

 

無いかな・・・

 

Accessはバージョンアップでインターフェースが大きく変更となった経緯があり

同一バージョンで利用をつづけるのが、システム開発的には良いのかな?と思います

 

Access2003と2007移行ではインターフェースが大きく変更になりました

2003まではデータベースウインドウというところに、テーブル・クエリ・フォーム・レポート等が表示されていましたが、2007以降はナビゲーションウインドウというものに変更となりました

 

Access2000から使用していた、私個人としては2003以前のデータベースウインドウのほうが使い勝手が良かったと今でも思います。(慣れだと思いますが・・・)

 

 

 Accessを覚えるメリット

もともと、会社や病院のパソコンに入っていることが多い。個人で購入するには敷居が高いが、意外と触れる機会はあるのかもしれません

Excelでは管理することが難しい大量のデータの管理が可能です

f:id:me-hige:20191026001527p:plain    f:id:me-hige:20191026001547p:plain

NASに保存した場合、Excelでは1つのファイルを複数端末から同時に開くことができないが、Accessでは5台程度までなら同時に1つファイルを開くことができます

f:id:me-hige:20191026001052p:plain

ネットワーク

AccessVBAを用いて、結構本格的なシステム構築をすることができる

システム構築をするということは、人を動かすことができる

 

ぱっと思いつくだけで、これだけいくつかのメリットがあります

 

 

Accessで出来ること

  • テーブルを使ってデータを一括管理できる
  • クエリを使ってデータの検索・抽出ができる
  • フォームを使ってデータ入力が簡単にできる
  • レポートを使って印刷用のひな型を作ることができる
  • そしてVBAを使用してテーブル・クエリ・フォーム・レポートを操作することができる

 

今後これらの使用方法について、順番に説明していきたいと思います